<ページトップ>

 【大腸ポリープに愛されて】

大腸ポリープに愛されて
                 大腸ポリープに愛されて  
                                   藤田松男(もうすぐ68歳)
私の親父は大腸癌で亡くなったため、60歳頃に大腸ポリープ検査をしました。案の定、ポリープが見つかり、即、除去手術をして事なきをえました。それで安心して5年ほどしてから検査をすると、またしても、ポリープが見つかりました。大腸のポリープにもレベルがあって、精密検査をしてレベル3以上のものは将来、癌化する可能性が高いとのことです。それで、昨年2回目の手術をしました。そして、今年は大丈夫だろうと思っていたら、またもやレベル3のポリープが見つかって、この6月23日に3回目の手術となりました。
どうも、ポリープが出来やすい体質のようですが、食生活のどこが悪いのか、一般論として、肉食、脂っこい食事といった欧米型の食生活にあるようですが、私は野菜中心の食生活ですので、お医者さんもお手上げの状況です。
 
それで、自分なりに、ヨーグルトにこだわって、さらに蜂蜜や黄な粉やブルーベリーとの組合せとか、また、お酒もほどほどにするとか、腸に良いと言われることを、いろいろと努力してますが、ほとんど効果がない状況です。
しかし、お蔭で、その他の面で健康な状態かなあと納得しています。
 
お医者さんによると、胃は癌が見つかった状態でかなり進行している場合が多いそうですが、腸は癌になる前にポリープの状態で発見できるので、対処がしやすいとのことです。私の経験から、両親に大腸癌の方がおられる方は検査をお勧めします。
大腸ポリープの検査の大変なところは前日からおかゆやスープ程度の食事をして、下剤を飲み、当日、約2リットルの洗浄液を飲んで、腸の中を空っぽにすることです。これも、考えようで1年に一回位、胃や腸を空っぽにするのもまあ良いか、と諦めています。
 
 
私は大腸ポリープの経験豊富ですので(笑)、何かありましたら、是非お問い合わせ下さい。

 


藤川さんに相談しました
藤川さんは私の高専時代の親友で、現在、カウンセラーとして活躍してます。
私は困ったことがあると相談しています。以下は藤川さんの話です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
藤田さん、こんばんは。
お久しぶりです。
 
大腸ポリープでこれまでに3回も手術したのですね。
それは大変でしたね。
最近は先週入院して手術して退院したとこなんですね。
 
食べ物では野菜中心との事、
肉食中心ではないのに大腸にポリープができるのは
おかしいという事ですね。
 
原因は、心理的な面から言うと:
 
心に苦しみがあると大腸の病気になりやすいと言われています。
自分を苦しめるとか、人を苦しめている、苦しめた。。。
藤田さんの事ですから、人を苦しめたり、
苦しめていることはないと思いますので、
自分で自分を苦しめていませんか?
頑張りすぎて、自分で自分を追い込みすぎてはいませんか?
 
それと、心が暗くて晴れないと、
やはり大腸の病気になりやすいと言われています。
不平や不満です。
感謝が足りないと腸の病気になりやすいのです。
 
食事面から言うと:
 
野菜中心と言う事ですが、
和食は必ずしも健康食ではありません。
 
野菜の煮炊きはかなりの砂糖、糖質が入ります。
ご飯が炭水化物で糖質です。
 
腸の病気は腸内細菌が、影響すると言います。
悪玉菌の栄養素は糖質です。便が黒いと悪玉菌が多く、
糖質をたくさん取っている人がそうなります。
 
善玉菌の栄養素は食物繊維です。
ゴボウなどが多いと言いますね。
善玉菌が多いと便は黄色くなります。
それと便秘はよくありませんね。
 
私は、腸内環境をよくするために、
朝夕に生麹菌をヨーグルトメーカーで発酵させた甘酒を
大スプーン2杯ずつ食べています。
毎朝に納豆、夜はプレーンヨーグルトを
100グラム食べています。
そして、1日3回3錠ずつ
ビオフェルミンを飲んでいます。
 
グルテンフリーになるために、
小麦粉を避けようと思っていますが、
これはまだできていません。
 
グルテンを摂取しないようにするといいかもしれませんね。
それと牛乳も。。。
 
食べ物とは関係ないですが、
私も健康のためにいろいろやってます:
 
毎朝、仏壇でお経を5分ほどあげて
15分間ストレッチをしています。
万歩計はつけていますが5000歩目標にしていますが、
平均3000歩くらいなのでこれは要注意です。
 
それから、晩酌はやめています。
四国に行ったり、とか外の付き合いでは
ビールなら350CC2杯、、
ワインなら150CC2杯ほどでやめています。
 
もちろんタバコは吸いません。
 
コーヒー、紅茶は1日3杯以内にしています。
 
参考になったかどうかよくわかりませんが、
 
こんなところです。
 
藤川秀夫